"かたくら通信・70歳そこそこ"

10 / 15

かたくら通信・70歳そこそこ

褒められた








昨日の透析の時、順番を待つ間お隣のご婦人と少し話をした。
実は月曜日の透析の時にご婦人車いすでが入室してきて大儀そうだったのだ。
「月曜日は大変でしたね」
「いや、ご心配をかけましたが、日曜日息子が来たのでうれしくて頑張りすぎたのです」
「息子さんというと・・・おいくつですか」
「もう35歳で、今仙台にいるのですが、久しぶりに帰ってきたのですよ。一人息子なものでつい甘やかしてしまうのですよ」
「あちらにご家族と住んでいるのですか」
「いや、まだ独身で一人であちらのマンションに住んでいるんです。いずれ東京に帰って来ると思うのですが、お嫁さんのことも心配でしてね。」
「我が家は息子は岐阜にいるのですがおそらくあちらに永住しそうです・・・孫たちは二人東京で就職しています。」
「お孫さんというと・・・息子さんはおいくつですか」
「多分52歳か3歳だと思います。孫は男ばかりで5人います。一番上が今年30歳になりました。これから嫁取りの心配ありますね。」
「ヨダさん失礼ですがおいくつなんですか・・・」
「今年の11月で80歳になります」
「エッ・・・ほんとですか。70歳そこそこにしか見えませんよ。うちの主人は75歳ですがずっと若く見えますよ」

褒められたのは気分は良いけれど、中身の方はだいぶ老化が進んでいるようだ。
今日は昨日処方箋が出たので薬局まで行って来て、そのあと5千歩をめざすべく橋本方面に出かけて行ったが・・・いくつも失敗をやらかした。
まずはバスの時間見間違えで30分以上待ってしまった。
お昼は橋本のミウイにある寿司屋に行ったが、カウンターの下に帽子を忘れてきてしまった。
気が付いて取りに行ったところ置いた所にちゃんとあった。
極めつけは北野駅の近くのスーパーで買い物をしてそのあとタカコサンに頼まれたパン屋に寄った時にスーパーで買った品物がないことに気が付いた。
買い物の後、まず、背負っていったリュックに詰めて残りをレジ袋に入れたのだが・・・それを台の上に置いてきてしまったのだ。
パン屋を出たところで気が付いたのですぐに引き返したところ、ちゃんとあった。
おそらく備え付けの籠とカートを返しに行ってそのまま店を出てきて来てしまったのだ。
行ったり来たり迷走の一日となったが、おかげで5千歩を超えて1万歩に達した。

携帯の歩数計にはすごく褒められたぜ。







yodaさんの投稿 - 18:10:40 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック