"かたくら通信・リモート誕生会"

11 / 30

かたくら通信・リモート誕生会

サプライズ






昨夜は中華で傘寿の前夜祭が盛り上がったが、おかげで体重がグンと跳ね上がった。
家に帰り、タカオ君はすぐに甲府に帰って行った。
孫のリョウは突然電話をかけてきて「おじいちゃんのタブレットの設定が気になるので5時ごろに行く」と言ってきて、食事会に合流。
私も使い方について聞きたい事もあったのでリョウの言葉になんの違和感も感じなかった。
私がタブレットの使い方について2・3質問するとたちどころに直してくれた。
しかし、「タブレットの気になる点」についてはそれが何なのか言わない。
そして、しばらくして、タカコサンがどこからか立派な包装をした箱を持ってきた。
中にはお取り寄せの洋ナシの健康ジュースのボトルが入っていた。
「実はこれから岐阜と結んでリモートの誕生会を開きます」と言うではないか・・・
孫のリョウが来たのは私のタブレットにその設定をするためだった。

午後8時に傘寿祝いの誕生会が開かれた。
参加者は岐阜に住む息子夫婦と4男・5男のソウヤとシンヤ。
そして埼玉の鳩ケ谷に住む今年就職した3男のタイキ。
名古屋に住む2男のユウガも参加してくれた・・・彼とはこの6年ほど会っていなかったので大変うれしかった。
東京ではタカコサンと長男のリョウと私である。
開会は恒例により誕生日ケーキの「ロウソクけし」画面上に現れたロウソクに息を吹きかけると消えたのだ。
それからそれぞれが用意していた飲み物で乾杯・・・八王子は件の洋ナシのジュース。
そして岐阜、名古屋、鳩ケ谷そして八王子での「ハッピー・バースデイ」の大合唱。
みんなチョット面はゆく照れくさそうだったけれど温かい声が届いてきた。
それから、画面上で一人一人がメッセージを寄せてくれた。
最後は私とタカコサンとでお礼の言葉を述べた。
会の終わりは記念撮影でしばらくして笑顔の画像が一つにまとめられて送られてきた。

すごい世の中になったものである・・・リモートでそのようなことが出来るということは聞いてはいたけれどよもやまさか我が家でも行われるとは思わなかった。
22歳〜30歳までの5人の孫が多少の照れはあっても大真面目で取り組んでくれたのも嬉しいことであった。
もしかすると「コロナ禍」のおかげでこのような企画が生まれたのかもしれない。
孫たちが一人一人メッセージを寄せてくれている間、ウルリと来てしまった。
あとで聞けばこのイベントで連絡を取り合って周到な準備が必要だったようだ。

晩年になってこのような至福の時を過ごすことが出来て喜びの極みである。



yodaさんの投稿 - 11:04:35 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック