"透析日記・体調不良"

01 / 07

透析日記・体調不良

胃痛・痒み







昨日はとうとう罹病者の新記録が出てしまったようだ。
その数は1500を超えたようだが、実態はどうなのだろうか・・・
検査をした人の中でコロナに罹っている人の数ということなら実際にはその何倍もの人が罹病しているのかもしれない。
ただ国民全員を検査するなどしたら大パニックが起こるに違いない。
毎日発表されるその数は人々への警鐘ということなのだろう。

ところで昨日は最悪、最低の日となってしまった。
出掛けるあたりから何となく出渋って、正直行きたくないと思っていた。
そしてクリニックに着いて透析室を覗いてみるとクルーがすべてやってほしくない人だ。
けれど抗うことはできないので誰が刺しても我慢することにした。
結局、年配の男の看護師にあたった。
この人は体調を崩して長らく休んでいて最近復帰したのだ。
以前は溌剌としていて針刺しも上手だったが復帰してから何となく精気がなかった。
となると、私の方も構えてしまってリラックスできなくなり血管が固くなる。
ともかく、声をあげるほど痛かった・・・でも頑張っているので我慢したけれど、4時間その痛みに耐えることはできないので、コールを押して調整してもらったがあまり効果がなかった。家に帰ってもその痛みは少し残っていた。

そして夜、眠れなくなってしまった。
原因は胃の痛みが襲ってきたのだ・・・このところ空腹になると胃がシクシクと痛む。
月曜日に院長に相談したところ、潰瘍があるのではないかと言われた。
そして昨日は他の薬と一緒に胃薬の処方箋を書いてもらったがまだ薬は手に入っていない。
断続的に痛みが襲ってきてとても睡眠に入るどころではなかった。
それに追い打ちをかけるように背中と足が痒くなってきた。
透析患者の症状としてこの痒みはしばしば起こる。
一日おきに体中の余計な水分を抜くので健常者よりも皮膚が乾燥して痒症が起こる。
痛いのも嫌だけれど痒いのも辛いものだ。
結局、我慢できずに夜中に風呂に入り薬を塗った(透析の日は基本風呂には入れないのだが)
何とか痒みは治まったがまた胃が痛くなった。
ともかく朝方まで痒みと胃痛と戦いながらまんじりともせず眠りについたのが6時過ぎになってしまった。
マァ、透析中にウトウトしているので睡眠不足にはならないがこの痒いのはなんともつらいものである


yodaさんの投稿 - 16:18:04 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック