"お好みテレビ館・NCISネイビー犯罪捜査班"

02 / 20

お好みテレビ館・NCISネイビー犯罪捜査班

プライム・ビデオ








1年5カ月経って透析の4時間をどのように過ごすかほぼ定着してきた。
当初は備え付けのテレビを見ていたが、この受像機がすでに15年ぐらい経ったもので故障が多い。
観ることのできるチャンネルも地上波だけでBSは映らない。
また何度か書いたことがあるが私の透析の時間帯はおおむね2時半から7時半で、この時間帯はほぼどの地上波もニュースショー番組ばかりだ。
どの局もほぼ同じようなニュースを報道していて、たとえば今週は五輪委員長の更迭と後任のことばかりだった。

そこでこの時間帯を乗り切るためにいろいろ考えた結果、昭和の歌謡曲を聴くことにした。
ずっと以前に天童よしみが「天童節昭和歌謡曲全集」というCDを出していてそれを持っていたのだ。
大体、昭和初年から40年代までの曲は網羅されていて、時間つぶしにはもってこいだった。
プレーヤーはCD専門のコンパクトな機器でイヤホンで聞いた。
また、お勉強もしようと思って英会話のCDも聞いた。
こちらは「どこに行きますか」とか「何を食べますか」などという類のものだったので3カ月ほどでやめてしまった。
さすがに歌謡曲も何度も聞いているうちに飽きてきて、それに代わるものとしてiPadなるものがあること知り少々お高かったけれど孫のリョウに相談して購入した。
目的はユーチューブとプライムビデオであった。
特にプライム・ビデオは登録すると過去の映画やテレビ番組が見放題である。
そしていまド嵌りしているのがアメリカのテレビ番組だ。

アメリカ海軍の犯罪捜査機関で番組は3種類あって「犯罪潜入捜査」「ニューオリンズ犯罪捜査」そして「ネイビー犯罪捜査班」この三つの内「ネイビー犯罪捜査班」を毎回見ている。
今、日本ではシリーズは1〜17まで放映されていて字幕版と吹き替え版とがあり、全話で400近くあるらしい。
物語は海兵隊をめぐって起こる事件の解明なのだが捜査の主任であるギブス捜査官が魅力的なのだ。
絶対的な権力をもって部下たちを引率している。
ギブスが決めた掟が50ほどあり部下は絶対厳守。
ギブスの部下たちも魅力的で、ディノソというシリーズはじめからの捜査官は女好きでお調子者、マクギー捜査官はITの練達者で犯罪捜査にその能力を発揮する。
私が好きなのはジバというイスラエルのモサド出身の女性捜査官でともかく強く頭脳も明晰である。
そして彼らを支えるのは科学捜査のアビーと解剖医のマラード博士。
マラードを演じるのはデビット・マッカラムでずっと昔「ナポレオン・ソロ」というスパイ番組に出ていて、再会できて懐かしかった。
シリーズの登場人物は時々入れ替わるがほぼ殉職である。

ともかくはストーリーの展開がスリリングでほぼ一話完結。
ただ辟易するのは死体解剖の場面が多く、かなりむごたらしいところまで見せる。
アメリカ人は平気なのかなぁ・・・





yodaさんの投稿 - 17:38:49 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック