"季節だより風だより・落ち葉しぐれ"

10 / 07

季節だより風だより・落ち葉しぐれ

天ぷら・つな八」






朝から霧のような雨が降ったりやんだりしていた。
季節は真夏日から一気に晩秋の時雨時となってしまったようだ。
今日はタカコサンは午後から美容院の予約があり町田方面に出掛ける。
そこで私もぬれ落ち葉のようにべったりとくっついて同行させてもらうことにした。
お目当ては私も美容院という訳ではない・・・こんな顔はいじりようがない。
美容院の小田急デパートの9階の食堂街である。
お気に入りの「つな八」という天ぷら屋がある。
この店は本店が新宿にあり分店が何か所かある。
母が好きで上京すると一緒に食べに行ったものだ。
ともかく目の前で揚げてくれたアツアツを食べさせてもらえるのが嬉しい。

これはどうでも良い情報であるが、透析中に聞くユーチュウーブの歌謡番組の歌い手である市川由紀乃さんに関係がある。
彼女は今若手の中では一番の実力者で何を歌わせても上手である。
紅白歌合戦にも2度ほど出場したが自分の持ち歌でヒット曲が少ないために今はその座を譲っている。
天童よしみに次ぐ歌手であるとみている。
彼女が歌うカバー曲で「めぐり逢いつむいで」を聞いた時に鳥肌が立った。
そんな彼女も10代でデビューしたが挫折して5年程アルバイトをしていた・・・そのアルバイト先が新宿の「つな八」だったそうだ。
そしてその店の店長に励まされた再度デビュー・・・市川昭介の門下生となり市川の名前をもらった。

実は「落ち葉しぐれ」という今日の題はこの時期になると必ず口ずさむ歌である・・・旅の落ち葉が時雨に濡れて・・・と始まる。
三浦洸一の歌である。これを市川由紀乃がカバーしていてくれればこの稿がぴたりと治まるのだが残念ながら探してみたけれどなし。

話は戻って今日の「つな八」の天ぷらは久々に美味しいモノを食べた至福の時だった。
もう私には食に対する欲しか残っていないのだ。

町田の小田急デパートの食堂街は平日にもかかわらず混み合っていて30分ほど待った。
コロナ禍何するものぞ・・・けれど本当に鎮静化しているのかどうかについては多少の心配は残っている。
 

yodaさんの投稿 - 17:19:50 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック