"八ヶ岳南麓だより‘"

06 / 19

八ヶ岳南麓だより‘

携帯電話電話顛末








M君はきのうは私と会う前に庭の草刈りをしたのだそうだ。
その折に。ポケットから落ちたようで今朝は6時に起きて目ぼしい所を探した結果、刈った草の間に落ちて居たのだそうだ。朝イチで喜びの電話があった。
このことは他人事では無く、老耄になると毎日のように起こる事である。
ともかく見つかって本当によかった。

私も実は金曜日の透析の日に時間を一時間間違えて、しまった。一時間余計にポツネンと待合室で待ってしまった。 
今朝は、毎朝測る血糖値の道具を八王子に置いて来てしまった事に気が付いた。
また、毎朝打つ、インシュリンの注射器も忘れてきていた。

M君は老もうの身には携帯は生命線だとしみじみ言っていた。

全く、同感である。






yodaさんの投稿 - 10:29:15 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック