«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 1198 | 1199 | 1200 | Next»

2021-09-22

季節だより風だより・仲秋の名月

満月







昨日は散歩を兼ねて午前中に生協に買い物に行ってきた。
お昼をまず買って(360円の海苔と鮭の弁当・・・これをタカコサンと2人で食べる)ひとわたり売り場を回ってみると、お萩と並んで団子を売っていた・
今年はお彼岸とお月見が並んでいるようだ。
お彼岸の方は覚えていたが、お月見は全く忘れていた。
どうやら年と共に、季節の行事を生協の売り場で知るようになってしまった。

一番小ぶりな団子を買い求めて、季節の果物も買って、月見の飾りをしつらえる事にした。
帰りに主役であるススキも公園に寄って何本か取った。
ススキを持ってブラブラと歩いていると買い物に向かうらしい親子に会った。
子どもは4歳ぐらいだろうか・・・爺さんがススキを持ってブラブラ歩いているのが珍しいらしく、母親に聞いていた。
と、母親もとっさに答えが出なかったようである。
「これはススキと言うんだよ・・・今夜はねお月見と言ってお月様がきれいに見える日だよ、このススキとお団子をお供えしてお月様を見るんだよ」
子どもには通じたどうか分からないが母親はうなずいていた。
どうやら、母親も月見などしたことのない世代であるらしい。

予報では今年の十五夜は薄雲がかかって好条件とはいいがたいようだが8年に一度の満月と十五夜が重なったのだそうだ。
そもそも、仲秋の名月とは旧暦の8月15日のことなので満月と仲秋の名月が重なることは8年に一度ぐらいしかないのだそうだ。
月が出るか出ないかわからなかったが縁台にススキと団子と果物をしつらえた。
7時の時点で東の空が明るくなっていたが月は出ていなかった。
そして、8時・・・外に出てみると雲間がくれに、月が顔を出していた。
薄雲がかかっていたが雲の切れ間から見える月は絶妙であった。
タカコサンを呼ぶと・・・感動しているようだった。
煌々と照る月も良いけれど、雲間がくれも風情がある。

10時、もう一度外に出てみると、雲はすっかり取れて月も中天に来ていた。
またもやタカコサンを呼ぶと、「良いモノをみたわ」と喜んでいた。
双眼鏡を出して月を捉えると、月のうさぎが見えた。
今宵は風流の一夜となった。
ところで十五夜に飾るススキは葉の鋭さが魔除けとなり人々の息災を守ってくれるのだそうだ。

昼間あった親子は今宵の月を眺めただろうか・・・


 

yodaさんの投稿 - 10:17:41 - - トラックバック()

2021-09-21

季節だより風だより・敬老の日

贈り物







昨日の朝一でお花が届いた。
大阪に住むH君の息子のM君だった。
H君のことについては我がブログに何度も登場してもらっているがM君についてはあまり詳しくは語らなかった。

まずH君であるが昨年の11月に旅立って逝った。
病は肝臓がんで子どもの時に受けた予防接種による肝硬変から癌に進行してしまった。
気が付いた時にはかなり進行していて出来る限りの治療をしたが帰らぬ人となった。
享年55歳でまだまだ先のある人生だったのにと思うと残念でならない。
彼の発病から旅立ちまで、息子のM君は献身的に尽くしてくれた。

実はM君にとってH君は継父に当たるのだ。
H君は大阪に行きつくまでに波乱万丈の人生があった。
私がH君にあったのは彼が10歳の時でそれから彼の生涯の5分の4ほどの年月を付き合ったことになる。
その間5年程空白の時があったが、大阪に落ち着いてそれから運気が向いてきた。
新しいパートナーを得て奥さんの才気によって20年程で運送会社を立ち上げ高級乗用車に乗るような身分となった。
M君がH君と生活するようになったのは、小学5年生の時ですんなりと親と子の関係となったようである。

H君の大阪での生活が落ち着いた所で家族の紹介をも兼ねてタカコサンと二人で招かれた。
その折に、M君はH君の様子を捉えて「父さんの家庭訪問のようだ」と言った。
前日は一日落ち着かず、そわそわしていたようである。
それを聞いて、「父さんの家庭訪問」という作品も生まれた
まずはM君がH君を父さんと認識していることで安心した。
以来、上京した時は我が家に寄ってくれたり山の家にも来てくれた。
M君が結婚するときには親族として紹介してくれて特等席に坐らされた。
H君が逝ってしまってここで関係が切れるのではないかと思ったが・・・
M君には子どもが二人出来て、その子たちが私たち夫婦を「東京の爺と婆」と認識していてくれるようだ。

有難いことである血のつながりよりもずっと大切なこともあるようである。
出来れば大阪の孫たちが小学校卒業ぐらいまでは見届けたいものだ。

 

yodaさんの投稿 - 16:44:10 - - トラックバック()

2021-09-20

季節だより風だより・敬老の日

失念







昨日のお昼ごろ、一本の電話がかかってきた。
町田の鶴川に住むS先生であった・・・先生は元同僚で、私の作品の「スミレさんの白い馬」「春さんのスケッチブック」のモデルでもある。
40年程前に退職されて以来ずっと切れることなくお付き合いをさせていただいている。
今年の8月で白寿(99歳)を迎えたそうだ。
私にとっての最年長のガールフレンドでもある。
電話は私の息災を尋ねるものであった。
開口一番、「元気そうな声で良かった・・・どうしているか心配していたのよ。」
「先生の方こそお元気そうで・・・声に艶がありますよ。」
私の方から息災を尋ねるべきなのに・・・気にかかりつつも日常茶飯事にかまけてしまった。
「朝のうちに庭の草取りをして、時間があると編み物しているの・・・何かすることがあるのは良いわよね。ヨダさんは相変わらず焼き物   しているの?」
「ボチボチです。大きいものは作れなくなったけれど、茶碗のようなものを引いています。ひと月に5〜6個というところかな・・・焼き物をやっていて本当に良かったと思います。ともかく自分一人だけで出来るし他人に迷惑は掛かりません。」
「そうね、なんでも没頭できる時間は大事よね」
老いというものは確実にやってくるけれどS先生と話していると、とても99歳とは思えないし、矍鑠という言葉がピッタリだ。
老いは個によって違うし、気持ちの持ちようであることも思った。

とそこで、20日(今日)が敬老の日であることを思い出した。
昔は敬老の日は9月15日と決まっていたので覚えていたが、国民の休日をお上の都合に合わせて変えてしまっているのであまりありがたみがない。
それに、敬老の日(9月15日)の翌日に父が亡くなったことを思い出した。
今年はそれを全く失念していたのだ・・・加えて39歳で旅立ってしまった竹馬の友のI君が15日だったことも忘れてしまった。
彼が亡くなってもう40年も経つわけである。
近々の内にとは言わないまでもそちらに行くのがそう遠くはないので、そちらで失念した失礼を謝ることにする。

タカコサンは自治会に77歳を申請しておいたので、先日贈り物が届けられていた。
特別仕立ての文明堂のカステラだった。
私は80歳だけれど、何もなし・・・お相伴に預かることにする。

 

yodaさんの投稿 - 09:54:23 - - トラックバック()

2021-09-19

好奇高齢者の生活と異見・過剰報道

4候補







当分政治向きのことは空しくなるので書くまいと思っていたが我慢できなくなった。
連日、J党の総裁選びのニュースでテレビ番組がジャックされてしまったようだ。
選ばれた総裁が次期の総理大臣になるのだから国民も無関心という訳にもいかないだろうが、それにしても過剰である。
おそらく、総裁選が終わればすぐに衆議院の選挙が行なわれるのでJ党の顔を決めるのは重要なことだろう。
けれど、これだけ連日過剰と思われるような報道はいかがなものかと思ってしまう。

立候補している人の主張は大同小異でそれほどの違いがあるとは思えない。
ただ、元総理のモリカケとサクラを観る会の問題について新しく総裁に選ばれた人がどの程度解明に動くのか興味のある所だった。
しかし、一番最初に立候補すると名乗りを上げたK候補は当初は解明に動くような言動を滲ませていたが今は完全に腰砕けの状態。
もう一人の若手のK候補(一番人気だそうだが)も曖昧模糊、彼のスローガンはJ党を変えるのだそうだが、過去の清算失くして改革などありえないと思うのだが・・・
そして、女性候補としていち早く名乗りを上げたT候補は後ろ盾が元総理だけに究明などとんでもないことに違いない。
私は党友でも党員でもないのでこの選挙に関わることなど全くないがこの候補の右寄りの発言はいたく気になる所だ。
J党のコアな支持者が推していて、ネット上などでは一番人気だそうだ。
私的には総裁はともかく総理大臣にだけはなってほしくない・
もう一人女性の候補であるNさん・・・彼女だけは元総理の問題について解明すると公言しているが・・・
また、彼女の立候補の言の中に時代を担う子どもたちへの目線があり、弱者の立場にたとうとしている姿勢がうかがえる。

スカさんが稼いでくれた不人気もこの総裁選で選ばれた人によって回復があるに違いないが、対する野党が埋没してしまっているように思えてならない。
大同団結をして政権を奪取するような気概が見えてこない。
一時期チャンスだったように思えたのだがなぁ・・・
だれを選んでも同じ・・・選挙に対する幻滅だけは避けたいものだ。

我が国の政治は選挙によってしか変えることが出来ないのだから。



yodaさんの投稿 - 17:59:45 - - トラックバック()

2021-09-18

透析日記・相性

あ痛たたた








透析患者同士の交流はほとんどないことはすでに何度か書いた。
特にコロナ禍になってからは一人一人の登院する時間が限定されていて、待合室で待つことはほとんどなくなり、ベッドに直行する。
ベッドに横になると隣同士で話したりすることもほとんどないし、針刺しの順番をじっと待つだけだ。
勿論、患者同士の情報の交換などもあるわけでなく、周りの人たちが何を考えているかもほとんど分からない。
会っても、挨拶すらしないのだから・・・・
針刺しの時の痛みや不満などを語る相手は全くいないのだ。
しかし、私の場合平穏無事に過ぎた時は良いが、痛い思いをしたり辛い思いをした時、誰かに聞いてもらいたいと思うのだが・・・
家に帰ってタカコサンに話してもその痛みや辛さは共有は出来ない。
そこで、いろいろな憤懣をブログに書くことでガス抜きをしているのだ・・・お許しあれ。

とまぁ・・・先日、ポリープを取った後の透析の際に入れるべき薬を忘れた40代の看護師のことを書いた。
昨日はその看護師にあたってしまった。
針を刺す血管が二本あるのだが、普段絶対に痛みがないはずの血管に強烈な痛みが襲った。
めったに声を揚げたりしないのだが「痛い、痛い、痛い」と大声を出してしまった。
どうやら針を神経に当ててしまったようだ。
結局、やり直してもらったが痛みはそのまま残り、今日もまだ痛い。
残念ながら繊細さに欠けて、プロとしての仕事が出来ていない。
私だけでなく、ほかにもそのような場面を目撃している。
彼女は人が良さそうで普通の看護の仕事をしていれば十分にやっていけるのだろうが・・・
私との相性がすこぶる悪いのかもしれない。
相性が悪いとお互いに緊張して構えてしまうので、血管も固くなるのだそうだ。
針刺しの人がたくさんいるわけではないのでローテションとして順繰りに挿していくので忌避することは出来ないのだ。
運不運みたいなもので下手くそに当たると痛みを4時間我慢しなければならないのだ。

自分のことばかり書いたが、彼女もきっと、私には当たりたくないと思っているに違いないだろう。







yodaさんの投稿 - 16:39:19 - - トラックバック()
«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 1198 | 1199 | 1200 | Next»