"桑都だより・お目見え"

03 / 29

桑都だより・お目見え

和弓王子







遠路はるばる信州からコノハ姫の一家がやってきた。
昨年の秋に戸隠の里に引っ越していったのだ。
12月には弟の和弓(なごみ)王子も生まれた。
今回の上京は母ちゃんの友達の結婚式があり、参列するので我が家によって一晩泊まった。
ぜひ和弓王子に会ってもらいたいというのだ。
また、父ちゃんが今まで勤めていた会社を辞めて新しい仕事を長野にシフトする。
けれど本社は東京にあるので、上京の際に我が家を宿にしたいとのこと。
お構いを全くしないので、勝手にどうぞということで・・・・

昨年のお盆の前に、姫と母ちゃんは山の家に来ていた。
王子はお腹の中にいて、母ちゃんが風邪ぎみで具合が悪くなって大騒ぎとなったなぁ・・・
北杜市長坂のクリニックに駆け込んだところ、新患の妊婦は診ないと言われた。
お盆前だったのですでに近隣の医者は夏休みに入っていた。
そこで、事の成り行きではひと悶着起こすところだったが、老練の看護師の計らいで諏訪中央病院が紹介された。
長坂からは車で1時間半ほどだったがタクシーで駆けつけ、事なきを得た。
その時、タカコサンも同行してコノハ姫も一緒だった。
子ども心にもことの重大さが分かったらしくじつに聞き分けも良く、良い子だったそうな。

そんなことは知る由もない和弓王子との初お目見え・・・首も座ってじっとつぶらな瞳でジイの顔を見つめてくれた。
時々、にこりと笑ったりする。
また、元気よく泣く。
この家を建て替えてから、赤子の泣き声が響きわたるなんて、もしかしたら初めてではないか。
家の中に淀んでいた老いの空気を一掃してくれたようだ。
コノハ姫はお姉ちゃんらしい振舞いを見せてくれる。
我がままは言わない、むずかりもしない、聞き分けも良い。
それに、良く喋るようになった。
我が家に来る前に、横浜にある『アンパンマンミュージアム』に寄ってきたそうだ。
大きなアンパンとカチューシャを買ってもらって大喜び。
アンパンマンの話をいろいろとしてくれた。
しかし、ここは一歳でも入場料が1000円だそうだ。
グッズも結構な値段らしい。

子どもは大喜びでも親はぐったりだよなぁ・・・
yodaさんの投稿 - 20:26:10 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント

ko10no8さんの投稿:

毎度お世話になり、ありがとうございます!おかげさまで実家以上に(!?)心休まる一晩でした。
どうでもいいことですが、コノハが持っていたのはアンパンマンのではなく、妹分のメロンパンナちゃんです~!
2012-03-29 21:33:11
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック